アカメガシワ
                                    植物名一覧  もくじ  一覧
                                 ブログのアカメガシワ   
                                 ブログのアカメガシワを見ながら
                              ブログのアカメガシワの花
                                ブログのアカメガシワの花咲く景色
 トウダイグサ科  アカメガシワ属
漢字  赤芽柏 種類  落葉高木(高さ6mほどのものが多いが15mぐらいになる)
 雌雄別株
 暗灰色で細い割れ目が縦にできる
 若枝には赤色の成城毛が密生する
互生  葉柄は長さ5〜20cmで紅色を帯びる
長さ7〜20cm、幅5〜14cmの卵形または広卵形で、若い木の葉は3つの角のあるものが多い。
裏面に黄褐色の小さな腺点が密にありアリに食べ物を与えるかたちでひきよせている。アリは害虫を除去している。つまりアリと共生している。
 花期は6〜7月
 枝先に長さ7〜20cmの円錐花序を出す
 雄花、雌花とも花弁はない
 雄花は苞のわきに数個ずつつき、ガクは淡黄色で3〜4裂する。雄しべは多数ある
 雌花は苞のわきに1個ずつつき、ガクは2〜3裂する。子房は刺状の突起があり紅色の星状毛と白い腺点におおわれる。花柱は3〜4個で乳頭状突起が密生する。
 若い若葉には赤い毛が密生しざらざらしている
果実 刮ハ、直径約8oの扁球形
9〜10月に褐色に熟す。熟すと3〜4裂し、3〜4個の種子を出す
種子は直径4oぐらいの扁球形で黒色
分布  本州、四国、九州、沖縄 用途  材・・床柱、器具用材、ヒラタケの原木
 葉、種・・赤色染料
名前の由来  新芽のが赤く、葉にたべものをのせて利用した
 若い葉は赤い
別名 ゴサイバ、サイモリバ
山野の明るいところに生える。タネは土の中で20年以上も眠り続け、造成などで明るくなった時に真っ先に生えてくる先駆性樹木である。生長が非常に速い。
雄花が咲く光景           平成22年6月28日  神戸 雌花が咲く雌花序         平成22年7月12日  神戸
雄花             平成18年6月21日  神戸 雌花(子房は刺状の突起があり紅色の星状毛と白い腺点におおわれる)                    平成22年7月12日  神戸
紅葉(黄葉)光景         平成19年11月26日  神戸  黄葉                  平成15年12月7日  神戸 
3つの角のある葉も混じる      平成21年6月28日  神戸 葉の裏                平成19年8月19日  神戸
細く縦に割れ目が入る幹     平成18年6月24日  神戸 老木の幹               平成20年5月11日  神戸
冬芽と葉痕           平成17年1月15日  神戸 赤い新葉               平成21年5月6日  神戸
果実が裂けて黒い種子が出てきた  平成19年8月19日 神戸