シロバナタンポポ
                              植物名一覧     もくじ  一覧  いろいろなタンポポ  特異な白い花
    ブログのシロバナタンポポ
 キク科  タンポポ属
漢字  白花蒲公英 種類  多年草
 地上茎はない、
 短縮した太い根茎から地面で根生葉を出す
 葉はロゼット状に根生する、葉はやや立った感じがする
 葉は淡緑色で倒被針状線形(長さ15〜20p、幅3〜7p)で、羽状に中裂する、葉の脈は白い
 切ると白い乳液が出る
 花期 4〜5月
 高さ30〜40pほどになり中空の花茎を数本出し先端に白色の頭花をつける
 花茎を切ると白い乳液が出る
 頭花は舌状花のみでできていて直径4pほど
 舌状花は先に5歯がある
 総苞葉淡緑色、総苞外片は卵形で内片より短く、上部はややそり返る。上部に角状突起があって目立つ、
 単為生殖する
果実  そう果
 褐色で長さ約4mmの長楕円形
 単為生殖する
分布  本州(関東西部以西)、四国、九州
 在来種タンポポとしては唯一セイヨウタンポポと同じように単為生殖をする。花茎は高さ30〜40cmになり先端に白色の頭花を1個つける。頭花は直径約4cm押し葉は黄色である。葉は淡緑色で斜上し羽状に中〜深裂する。四国や九州ではタンポポといえば白花、このシロバナタンポポしかないところもあるという。神戸あたりでは見たことのないたんぽぽだった。近頃ときどきこのシロバナタンポポを見る。瀬戸内海に橋がかかり交通が便利になったためだろうか。
土手で・・・             平成23年4月18日  神戸 頭花、舌状花の先に5歯がある   平成19年4月10日 神戸
開いてきた頭花         平成23年4月18日  神戸 総苞外片内片より短い     平成23年4月18日  神戸
葉はやや立った感じ        平成19年4月10日  神戸 中裂する葉            平成23年4月18日  神戸
    花の様子        平成18年4月16日   神戸    群落          平成18年4月16日   神戸
カンサイタンポポの隣で・・・  平成20年4月13日  神戸    そう果は褐色       平成18年4月16日   神戸
数本の花茎が出る   平成18年4月16日   神戸