ナツツバキ
                                   植物名一覧  もくじ   一覧 
                                ブログのナツツバキ  
                                 ブログの自生のナツツバキ
 ツバキ科  ナツツバキ属
漢字名  夏椿 種類  落葉高木  高さ15mほどになる
 直立し、木肌はなめらか
 樹齢10年目ぐらいになると古い樹皮が薄皮状に剥がれ落ち、灰白色とや赤褐色の斑点になる
 一日花
 互生
 楕円形〜長楕円形(長さ4〜10p、幅2.5〜5p)。質はやや厚い
 葉の表面は緑色、裏面は淡緑色で先は鋭尖頭
 ふちに低い鋸歯がある
 裏面には伏毛が生えている
 葉柄は長さ0.3〜1.5p
 花期 6〜7月
 本年枝の葉腋に直径5〜6pの白い花をつける
 花弁は5個、ふちは波打ち、細かい鋸歯がまばらにある。外面に白い絹毛が密生する
 雄しべ多数、雌しべ1個、花弁とガク片は各5個
 花柱は5つにわかれる
 花の下に2枚の苞葉がある
果実  刮ハ 5つに裂ける
 直径1.5pほど
 
9〜10月に熟し5裂する。」
分布  本州(福島、新潟県以南)、四国、九州 別名  シャラノキ
名前のいわれ  夏にツバキの花に似た花が咲くため 神戸市絶滅危惧種Cランク
 ツバキ科なのにこれは落葉。成木の赤褐色の樹皮がうすくはがれている木肌はとても美しい。湿った谷の斜面などでよく見る。葉のわきに白い花を咲かせる。花弁は5枚で縁に浅い鋸葉がある。一日花のこの花が落ちている様から「沙羅双樹」に見立てた気持ちは非常に強く伝わってくる。葉は互生
山で花咲く様子           平成29年7月1日  神戸 おしべは多数           平成28年7月7日   神戸
落ちてる花で存在に気づく    平成20年7月21日  神戸 葉                 平成28年7月7日   神戸
2個の苞がある          平成28年7月2日  神戸 特徴的な樹皮           平成26年7月23日  神戸
つぼみ(2枚の苞につつまれていた)  平成29年7月1日 神戸 比較的若い木の樹皮       平成28年7月7日   神戸  
山で生えている様子      平成23年8月11日  神戸 花咲く光景           平成29年7月1日 神戸 
紅葉光景              平成23年11月24日  神戸 冬芽             平成23年11月24日  神戸
間もなく葉が展開する      平成21年3月21日  神戸