クチナシグサ
                    植物名一覧 特異な生活をする植物 もくじ  一覧
                    ブログのクチナシグサ   
                    ブログのクチナシグサの花が
                  ブログのクチナシグサが   ブログのクチナシグサだった
 ハマウツボ科 (旧ゴマノハグサ科)  クチナシグサ属
漢字  梔子草 種類  半寄生の2年草
花期  4〜5月 果実  刮ハ 基部には葉状の苞が2個あり、この苞に包まれる
分布  本州8関東地方以西)、九州 別名  カガリビソウ
日当たりのよい草地や林床に生える。茎は斜上し長さ10〜35cm。葉は対生する、葉は長さ2〜3cmの線形で先はとがる、下部の葉は非常に小型である。花は葉腋につく、花は淡紫色〜淡紅色で長さ約1cmの唇形。ガクは4深裂する、筒部には隆起した脈がある。ガクに包まれた果実の形がクチナシの果実に似ているところからこの名がついた
           平成21年5月3日  神戸 株立ち状の群生    平成21年5月3日  神戸
葉と苞と花          平成21年5月3日  神戸 2枚の苞に包まれた実  平成19年5月26日  神戸
線形で先がとがった葉    平成21年5月3日  神戸 同じ半寄生のカナビキソウと    平成21年5月3日  神戸