モチツツジ
                        もくじ  一覧  植物名一覧 シロバナモチツツジ 
                              ブログのモチツツジの返り花を見ながら・・・
                              ブログのモチツツジは半常緑樹
                               ブログのモチツツジなどの返り花が・・
                          ブログのモチツツジの花が
                               ブログのモチツツジの花がもうすぐ
 ツツジ科  ツツジ属
漢字  餅躑躅 種類  半常緑低木
 高さ1~2m
 樹皮は灰褐色で平滑
 互生
 枝先に集まってつく
 春葉は楕円形~卵形(長さ4~8㎝、幅1~4㎝)、両面とふちに開出毛や曲がった毛があり、腺毛がまじる
 葉柄は長さ3~8㎜、長毛がある
 秋には美しく紅葉する
 夏葉は小さく、倒披針形または長楕円形で開出毛が密生する。越冬する
花期  花期 4~6月
 葉の展開と同時に枝先に淡紅紫色の花を2~3個つける
 花冠は直径5~6㎝の漏斗形、深く5裂し、上側の裂片には深紅色の斑点がある
 雄しべはふつう5個、ときに6~10個のものもある
 子房には腺毛が密生する
 ガクは緑色で深く5裂し、萼片は大きい
 花柄は長さ1.5~3㎝
 ガクと花柄には開出する腺毛が密生して粘る
果実   蒴果
  
長さ1~1.2㎝の卵形
   8~10月に熟す
分布  本州(静岡、山梨県~岡山県)、四国 別名  イワツツジ
名前のいわれ ガクと花柄に腺毛が密生して非常にネバネバしていることから
日あたりのよい林縁などに生える。神戸付近ではよく見るツツジだが日本での分布域を見るとこのツツジの分布域は以外に狭い。ガクと花柄に腺毛が密生して非常にネバネバしている。この様子から名がついた。淡紅紫色の花は美しくてこれがヒラドツツジなど多くの園芸種のツツジの元になったツツジである。
山で花咲く様子          平成27年4月27日  神戸 上側の裂片に深紅色の斑点がある  平成24年5月3日 神戸
ガクや花柄に繊毛が密に生える    平成26年5月13日  神戸 紅葉している葉    平成26年11月20日  神戸
葉や葉柄などに腺毛がまじる毛がある 平成24年7月31日 神戸 毛がありほわほわの葉      平成22年5月6日  神戸
蒴果               平成27年4月2日  神戸 冬を越す小さな夏葉       平成27年1月5日   神戸
濃淡多様な花        平成25年5月16日  神戸  灰褐色で平滑な幹          平成22年2月8日  神戸
花が咲く光景   平成17年5月4日  神戸 花が咲く光景    平成18年5月24日  神戸