ミヤマガマズミ  
                                植物名一覧   もくじ     一覧
                                ブログのミヤマガマズミを見ながら・・・
                         ブログのミヤマガマズミ
 レンプクソウ科 (旧スイカズラ科)  ガマズミ属
漢字名  深山莢迷    種類  落葉低木
 よく分枝して茂る
 高さ5mほどになる
 樹皮は灰褐色
 対生
 長さ6〜11cm、幅4〜9cmの倒卵形〜広倒卵形
 先は急に細くなってとがり基部は円形
 ふちに浅い三角形の鋸歯がある
 表面はほとんど無毛、触るとビニールのような感じがする
 葉柄は1〜2p
 花期 5〜6月
 枝先に直径6〜10pの散房花序をだし、白い小さな花を多数つける
 花冠は直径5〜7o、5中裂して平らに開く
 雄しべ5本、花冠より長く突き出る
 花柱は1個でごく短い
 ガク片は5個、ごく小さい
果実  核果  
 長さ6〜9oの広卵形
 9〜10月に赤く熟す
分布  北海道、本州、四国、九州
 神戸付近はガマズミは少なく、コバノガマズミとこのミヤマガマズミが多い。わたしはミヤマガマズミは葉はほとんど無毛で触るとビニールのような感じである。1〜2cmの葉柄をもっていることで最終確認している。葉は対生。深山でしか見られないからこの名がついたというが、この付近では比較的里に近い山でも見られる
花が咲く光景             平成22年4月15日  神戸 実が赤くなっている       平成23年10月10日  神戸
長い雄しべと短い花柱       平成22年4月30日  神戸 ふくれだした実    平成20年6月7日  神戸
雄しべは花冠から飛び出している  平成22年4月30日 神戸 熟した実             平成22年10月12日  神戸
  葉    平成23年4月29日  神戸       葉の裏      平成20年10月27日        
        新芽     平成17年1月15日   東播磨        幹          平成23年10月10日  神戸       
    紅葉した葉          平成22年11月12日 神戸 
葉              平成21年5月1日  神戸 葉の裏             平成21年5月1日  神戸